整備 No.24 第二十回は続エンジンオイルの選択及び管理につきまして タイトル

  • Tel:0463-34-3343
  • 営業時間:平日 9:00〜18:00 土曜日曜9:00〜15:00 (月・祝祭日定休)
  • 〒254-0915 神奈川県平塚市出縄193-1
  • 関東運輸局長認証 2-3217

お問い合わせ

HOME > 整備:整備全般 > No.24 第二十回は続エンジンオイルの選択及び管理につきまして

整備

No.24 第二十回は続エンジンオイルの選択及び管理につきまして

2007-07-01

エンジンを軽くふかした時に、小さな「コロコロ」、「カラカラ」音が聞こえるようでしたらかなりヤバイです。オイル切れさせても同様です。エンジンアイドリング時にオイルランプが点灯するのも油圧が上がりませんので焼き付きの前兆です。これは既に子メタルが破損してエンジンオイルがメタルサイドから抜けていると思われます。
よく、オイルランプが点灯したらオイル交換をするという方がいらっしゃいますが、それは大変危険です。
車によってはオイル警告等が付いているものもあり、このランプはほとんど黄色で注意という意味で赤ランプは危険という意味です。気を付けましょう。
写真はエンジンのオイルストレーナです。ここからオイルパンのオイルをポンプが吸い上げるのですが、オイル管理の悪いものはこのストレーナさえもスラッジでふさがってしまいます。
まめなオイル管理が大事です。

NICOS VISA MaterCard
各種カードのご利用も可能です。(事前にご相談下さい。)

スタッフ紹介