つれづれなるままに by 会長 新着記事

  • Tel:0463-34-3343
  • 営業時間:平日 9:00〜18:00 土曜日曜9:00〜15:00 (月・祝祭日定休)
  • 〒254-0915 神奈川県平塚市出縄193-1
  • 関東運輸局長認証 2-3217

お問い合わせ

HOME > つれづれなるままに by 会長 新着記事

つれづれなるままに by 会長 新着記事

総数25件 1 2 3 4 5 6 7 8 9

初代サニーB10、2代目B110、初代チェリー、A10、A12エンジン!!

B10はあまり触れ合いが有りませんでしたがB110のGXのエンジンがそっくり簡単にB10に移植可能ですので皆さんよくやっていました、
某メーカーの独身寮の駐車場ではジャツキアップし二人がかりで。
当時のエンジン乗せ換えは補機類、配線等もほとんど無く又エンジンも軽いので二人でやれば2時間もあれば充分、朝から始めれば昼前には試乗ドライブにGO! B10に1200GXのエンジンでは敵無しでしょう。
ですがB10にはB110GLGXの様にフロントディスクブレーキが装備されておらず速いが止まらず。フロントの足回りも110はストラットですし、すぐにやる人はいなくなりました。この110サニーは優れもので速い燃費は良い軽いと、良いこと尽くめ、まぁー軽いのは武器ですがカローラと比べるとチャッチィかな?
GXで無くともGLでも結構速かったです、510ブルのスリーエスと一緒に走ると110GXの方が速いらしくブル乗りは嘆いておりました。
510も初期のスリーエスクーペ、平らメーター流れるテールが人気有り、S30のホイールに換えサスカット、リアハの字。これが主流。
ダウンサス、アルミホイールなんて無し、流用のみ。アルミホイールはZ432に国産初の神戸製鋼製のマグが有りました。コレノミ!
110サニー1200は人気が有り210の丸くなったモデルはイマイチでしたL型エンジンが搭載されたエクセレントも今ひとつ!
A型エンジンと言うとサニーのイメージですが面白いのはチェリーX1
ニッサン初めてのFF車、初期はミニと同じレイアウトでフロント左フェンダー内部にエンジン冷却風を吹き出す、後期はフロントラジエターで電動ファンで冷却。初期のX1はジャジャ馬でスパルタン、出足はすぐにタイヤ鳴り何処までも凄い勢いで上昇するタコメーター、
この車いったい何キロでるの?そんなカンジの車でした。ですがフロントの足回りがプアーでした、Aアームでテンションロッド、スタビ無し。X1Rのモデルに成りドライブシャフトやスタビに手を加えシッカリ物に!!レースでもドライはサニー、ウエットはチェリーが速かったそうな!1500CC以下ですとサニーが!と言いますが速かった車は他にも有り、まずスバル1000S、1100S。ファミリア1000クーペ、ロータリーでは有りません、マカオで常勝の車です。スバル1000Sは乗った経験は有りますが速かったですねぇー、排気音が独特でフロントインボードタイプのディスクブレーキ装備、カタログスペックが最高速度表示では無く最高巡航速度表示で160キロ、自信が有ったんですね。
ですがこのスバル1000S、車両代が高かったサニー1000クーペが確か50万位だったのに66万位してたかな?
残念ながらファミリア1000クーペは乗ったことも、触れたこともなかったね!
2ストの普通車もあったんです!!ミツビシコルトハッチバック確か800CCだったかな?スズキのフロンテ800だか?1000だか?
2ストは速いです、ですがガソリン大食いでヤメタのかな?
コルトにも当時1100Sとか?1300Sとか有ったような?
結局110、510、GC10には!!!!
個人的にはミツビシのサターンエンジン1600、SUツインキャブが好みでした、ギャランGTO、MU、ギャランGS等。良く回りましたし排気音も好み、その後の1750、1800、2000、と排気量アップした
確か?ネプチューンエンジン?バランサーシャフト付きエンジンは、いまひとつ!
次回も1970年頃にトリップ!!

1960年代、やはりニッサン車でしたねぇー !

1967年頃から自動車は随分と変貌進化し、N360のデビュー、モノコックに成った510、L型エンジン、A型エンジンの出現。ニッサン車ばかり目立っていた様な。大衆車サニーとトヨタカローラ、プラス100CCの余裕とか、隣の車が小さく見えます、なんて。やりあっていましたねぇー、実際サニーとカローラを乗り比べますとやはりサニーの方が遥かに軽快でした、走る止まる曲がる、すべて一枚上の感じ。
2代目のB110が特に優れものでGXは510以上でした、ニッサンのSUキャブは特にシンプルで逸品でした。この当時からソレックスや蛸足等装備する方もチラホラいました、又、当時はポイント式でしたので日立製のセミトラディスビーが羨望の的、ポイントレス車はPGC10とZ432に搭載されていたS20エンジンのみでしたような記憶です。フルトラのイグナイターは箱スカGTRに装備されていた物はフロントバンパーに取り付けられており、よく壊れ、これが部品代がメチャ高く確か5.6万円、取り付け場所が車外で雨にヤラレる、なんて言われていました。しかし、後のDR30FJ20エンジンもフルトラのユニットがよく壊れユニットはシリンダーブロックに付けられており、これはエンジンの熱にヤラレちゃったのでワー?
これも確か高額部品でしたねえー!最先端のシステムはどうも??昔も今も変らずってとこかな?出始めのICレギュレーター内蔵のオルターネーターもヒドカッタです、かたっぱしからって感じ。
電装屋さんには後付クーラーやICオルターの件で良い時代だったでしょう、ラジエターも良く腐食水漏れが多くラジエター屋さんにも良い時代。
S20エンジンは一度タイミングチェーンが切れバルブ破損し、分解した事があり、クランクシャフトのメインベアリングのキャップの取り付けにはビックリ!お金掛かっていますねぇー、左右にもボルト止めが有りました。最近に成り190ベンツコスワース250エンジンをやはりチェーン切れバルブ破損で分解修理、昔のツインカムチェーンエンジンと比べるとオイルポンプがフロントタイミングカバーにクランクシャフトで駆動されており、昔のエンジンはディスビー付きでオイルポンプはS20は細いチェーンでクランクシャフトスプロケを介しオイルパン内部に独立して着いていました。最近のツインカムエンジンはディスビー関係など無くクラセン、気筒別イグニッションコイル、おまけに可変バルタイと随分進化!見た目もシンプルに!!
昔のツインカムエンジン、ベレットGTRや古いアルファのツインカムエンジンを見かけると如何にも機械という感じでー、美!?
最近聞いた話ですけど当時Z432を乗っていまして友人が、なんと!
トヨタ2000GTを所有。ある時、出足どっちが速いか?ゼロヨンみたいな事を!セカンドギアに入れた時には2000GTが432の先に居たとの話、
腕の差かな?と、おっしゃっていましたが。この話いろいろの方にしますと、値段の差でしょ!150万の432と230万の2000GTですから!
ミッションのギア比の関係でしょー、2000GTは200キロ連続巡航チャレンジ車ですから!と、いろいろな野次馬批判が盛り上がり!!!
箱スカGTR、KPGC10です、これに乗っていた友人がいましてタイミングチェーンが切れた車ですが切れた時がバレンタインディで憑きが無く、ヘッドカバーからオイル滲みがあり自分で増し締めしたらヘッドカバーが破損、部品代マグネシューム製なんでなんと!10万円也トホホですねぇー。笑える話がひとつ、暑い夏の真っ盛り女性とサファリパークへ。夏休みだった事もあり大混雑、サファリパーク内は当然大渋滞微速進行、子供連れの家族ご一行ばかりGTRはクーラーなんて着いて無い窓は開けられない猛暑、車内チョー蒸し風呂サウナ状態、
サファリパーク出た時は二人ともビショビショ!!二度とゴメンと!。
1970年から75年車について思い出すときりが無く、又、止め処無く
なります。次回もこの時代にトリップして!!!

HA30タテグロL20だ !

1977頃中古GT車はニッサン車大人気! スカイラインGT、GC10、ケンメリ、サメブル、ローレル、230セドグロ等。タテグロもファンが結構多くベンコラマニュアル、ATどちらも相当健在でした。初期のPAはあまり見かけませんでした。最終モデルのGLが欲しく探しましたがありませんでした、GLはパワステ、パワーウインド装備で、その後見たのは一度だけ。所有していたHAは1970年式で色白でL20ベンコラ4速6人乗り、シートは黒ビニールレザーで造りは良くデザインもグッド、
タテグロの好きな方は結構このシートが気に入っている方が多かった。ヨーク製の後付クーラーが付いており良く冷えました、当時は、ほとんどが後付です。新車を購入される人も取得税がその方が安いという訳で。社外クーラー屋さんはウハウハだったのでは?
クーラーメーカーもサンデン、ユニクラ等有り特にサンデンは純正より良かった様です。この頃クーラー付き車がやっと普及してき、GC10では少なく、ケンメリではほとんど装備されていました、もっとも新車からではなく後から付けた人の方が多かったようです。今年の夏は暑いからクーラーを付けよう、なんて感じで。 ヨーク製のクーラーは良く冷えるのですがパーワーダウンが激しくクーラーがオンになると高速走行時には体感出来るほど、後で知るところヨークのクーラーはほとんど外車の大排気量車に付けられていたそうな!当時のクーラーやエアコン付き車は渋滞や登坂ではオーバーヒートに気をつけ無ければならず、大変でした。エアコンタイプは少なくクーラータイプが多かったです、高速走行時に風向きを顔に当てていると氷のツブが飛んできてイタイなんてことも。
暫く乗っていまして用事で解体屋さんに行くとHAで白レザーシートの車が有りシート一式を購入しボディーもシートも白に。
HAはホイールのピッチが他車と異なるのでアルミホイールを付けているのはお目にかからず。この頃のニッサン車のマニュアルミッションはカウンターシャフトのベアリングが磨耗しガラガラ!良く修理しました。L20エンジン搭載車はHAから始まり、130セドリック、230グロリアGX、331.2800グロリア、ハコスカGC10、KGC10と乗り継ぎ。
L20エンジンは丈夫でした、弱い処はウォーターポンプ位!
S54スカイラインGTもAタイプですが一時期乗っていました、確かピカピカガレージ車で5万円。ハコスカから比べると設計が古いので乗りにくくロングノーズで小回りが出来ません、1500のボディーにG7のグロリアのエンジンを無理くり載せたと言われる所以かな!
なつかしられながら暫く乗っていますとテントウ虫スバルを売却した中古車屋さんが客寄せ用にぜひ!と、乗りにくかったのでマタマタ売却。S54と言えばやはり生沢テッチャン、日本GP、泣くな54ですねぇー!チョット古いかー?国産車がサラブレッドポルシェに挑む!!!
この頃のベレGやS54のメーター周りってノスタルジックでイイですネ
510も初期タイプは同様でメーターガラスがペッタンコタイプでした。S54は当時フィスコ常勝、やっつけたのはトヨタ1600GTコロナハードトップ、これをやっつけたのはハコスカGTR、その後ハコスカが50連勝し、これを阻止したのがサバンナロータリー!!!それからオイルショックになりレースは意気消沈なんて流れではなかったかな?
次回は当時のニッサンスポーツタイプについて!!!

総数25件 1 2 3 4 5 6 7 8 9

NICOS VISA MaterCard
各種カードのご利用も可能です。(事前にご相談下さい。)

スタッフ紹介